twitter

【3周年】羽島めい(神宿)インタビュー

  • HOME
  • 【3周年】羽島めい(神宿)インタビュー
2017.9.20

「何があっても五人でずっとやっていく」

原宿発の5人組アイドルグループ・神宿は2017年9月28日で結成3周年を迎え、9月23日・24日にはラフォーレ原宿で、3周年記念ワンマンを開催する。ライブ直前、5人のメンバーに心境を聞いた。2人目は青担当・羽島めい。

部活でも、仕事でもなくて、夢を追いかけている感じ

神宿をはじめてから3年になります。アイドルにとって3年は一区切りといわれますが、3年間を振り返ってみていかがですか?

めいデビューして間もないころの感覚は今でも覚えているんですけど、いまはとにかくこれを頑張らなきゃって思いがすごく強くて。渋谷駅から会場のライブハウスに向かって歩いて行く途中に、AKBさんの大きな看板があって、いずれ神宿もこういうふうになりたいなって思いながら歩いていました。

すぐにはなれないと思っているし、いまもまだなれてはいないんですけど、ちょっとずつ近づいていっているのかなという手応えはあります。自分たちが目標としているものも徐々に大きくなっていくし、幅広くなっていくし、意識が変わってきているのを感じます。

最初は部活感覚だったかもしれないけれど、いまは部活でも、仕事でもなくて、本当に夢を追いかけているって感じですね。自分たちが目標としてやっているもの、夢に向かってやっているものだから、仕事じゃないと思っているんですよ。いい意味で仕事じゃないなと。

2015年のTIF(東京アイドルフェスティバル)に出られなかったのが一つのきっかけになっています。あれから、このままじゃいけないと思って、メンバー同士で話し合うようになったし、いまは頻繁にミーティングもするようになって。それは最初の頃には考えられなかったことなので。

3年というのが早いか遅いかはわからないですけど、神宿は段階的に大きくなってきていると思うし、3周年を経て、ここからまた大きくなっていくんだぞ、というのが今の心境ですね。これまでの3年間は、自分たちが次のステップに進むために必要な経験であり、準備だったと思っているし、これから先も常にそういう意識で、1つずつ上のステップに進んでいきたいと思っています。

事前の準備をしっかりとすること

めい関東ツアーでは、本公演と追加公演ではお客さんも違ったし、初めて神宿のワンマンに来たというファンの方も思っていたより多くて、それは新鮮な発見でした。自分たちの目標だったり限界を超えるきっかけになるのがツアーなんですよ。ツアーの時期になると必ず何かしらの問題が起こるし、壁にもぶつかるんですけど、それを乗り越えることで新たなステップへと進めるんです。

実際、今回の関東ツアーでも課題はあって。自分たちの気持ちをライブの中でどれだけ伝えられるか、想いをどれだけぶつけられるか。毎回毎回自分たちの全力が出せるのがプロだと思うんですけど、神宿はまだ、良いときと悪いときがあって。ツアーの中で手応えは感じたんですけど、そこに辿り着くためにはまだまだ自分たちの中で経験と努力が必要だなと思います。

もちろん意識としては常に全力を出そうとは思っているんですけど、自分の中で緊張に勝てないときがあって。その自分に勝ちたいですね。関東ツアーでは、初日の宇都宮のライブの前に気持ちが弱くなっちゃって。そのときは、メンバーが「大丈夫だよ」って声をかけてくれて、本番ではいいスタートが切れたんですよ。今回はメンバーに助けられたんですけど、自分自身で立ち直れるようになりたいし、そもそも常に自分に自信を持ってライブに臨めるようになりたいです。

そのためには事前の準備をしっかりすることですね。MCとかでも事前に何をしゃべるか、しっかり準備していくと、テンパらずにしゃべれるので。最初の1、2年は事前に何を喋るかもしっかり決めず、メンバーにも共有せず、その場のノリでMCをしていたんですよ。いま考えると、よくあれでやっていたなと思います。いまはメンバーとみんなで、こうやってライブを作っていこうってしっかり話し合っているので、そこは大きく変わりました。いままでサッカーをやってきたときにも、ずっと不安だったのは、準備がしっかりできていなかったからだなって、いま神宿をやっていて気が付きました。

何があっても五人でずっとやっていく

周年に向けて原宿駅に掲出されたポスターでは、10年後の神宿へのメッセージを書きました。自分たちの10年後、どんな未来を想像していますか?

めい10年後まで続けているアイドルグループは少ないと思うんです。だけど、神宿は10年後まで続けているんだぞっていう宣言ですよね。だから、舁夫さんにはもちろん見てもらいたいし、初めて見る人にも、こんなふうに、10年先まで思い描いている人たちがいるんだってことを知って興味を持ってほしいです。

神宿を始めたときは10年先なんて考えてもいなかったけれど、いまなら10年先のイメージもわきます。何があっても五人でずっとやっていくんだって思っているし、夢をかなえるまであきらめないで、絶対に売れるって信じているし。この五人なら行けると思っているので。

神宿ってすごいバランスが取れているんですよ。誰か一人がおかしいと全体のバランスが崩れてしまう。最初からできあがっていたわけではないけれど、続けていくうちに役割分担ができてきて。サッカーで言うと、私の役割はサイドバックだと思います。点を取るのは、みかとかひなとかで、私の仕事は守るところは守って、後ろから支えて声を出す。チームではキャプテンをしていたし、声を出してみんなを勇気づけたりというのは得意なので。

その代わり私が崩れるとみんなが崩れちゃうところがあって。自分がまだ未熟だから迷惑をかけちゃうところもたくさんあるし、これからもたぶんかけると思うし。でも直していきたいですね。10年後、いまの自分を振り返ったときに、あのときの自分、本当に小さいことで悩んでいたなって笑えるくらい、強くなっていたいですね。神宿に出会ってないければ、こんなに自分と向き合うこともなかったし、何も気づいていなかったと思うんですよね。そのくらい神宿との出会いは大きいです。

神宿はメンバー一人一人、みんな一番になりたいとは思っているんですけど、それだけじゃなくて、自分の役割も分かっていて、それぞれの持場をちゃんとやろうって意識も一人一人が持っているんですよ。 だから、ここは任せたって頼るところは頼れるし、五人それぞれが主役にもなれる。チームとしてもバランスが成り立っているし、それをもっと磨いていけば、まだまだ上を目指せると思っています。

チケット

神宿3周年記念ワンマンライブ
『神が宿る場所~HARAJUKU DREAM~』

  • 9月23日(土)・9月24日(日)
    開場 16:30 / 開演 17:00
  • ラフォーレミュージアム原宿(東京)
  • オールスタンディング 4,500円(消費税込)
チケットはこちら